オイルタイプ

オイルタイプのメイク落としのメリットとデメリットは?

現在、市場に出回っているメイク落としの中の一つに、オイルタイプというのがあります。

 

ここ数年は肌に優しいメイク落としが人気になっていますが、それでも根強い人気があるのがオイルタイプです。

 

メイク方法が変わっても高い支持を誇るオイルタイプのメイク落としには、どのようなメリットやデメリットがあるでしょうか。

 

オイルタイプは、メイク落としの中でも洗浄力がもっとも強いというのがメリットと言えるでしょう。

 

当然ですが、メイク落としはメイクを落とすために使うものです。

 

洗浄力が弱いものだと、1度のクレンジングで落としきれないので、もう一度メイク落としを使うかダブル洗顔が必要になります。

 

これでは二度手間ですし、肌への負担も気になりますね。

 

ファンデーションやクリームアイシャドウ、クリームチークなど、メイクアイテムの多くは原料が油分です。

 

オイルタイプの主成分は油分ですから、メイクアイテムとの親和性が高く、ポイントメイクまで1度でしっかり落とせます。

 

特に、近年のメイクは重ね塗りが主流となっていますから、洗浄力が強いというのは大きなメリットです。

 

ただしメリットである洗浄力の強さは、同時にデメリットにもなります。

 

オイルタイプには、合成界面活性剤という成分が使われています。

 

これは、普通なら混ざり合わない水分と油分の境目部分である界面を壊して、混ぜ合わせることができる成分です。

 

合成界面活性剤は洗顔料や化粧水にも使われますし、食器用洗剤や洗濯用洗剤など、普段使っている商品にたくさん使われています。

 

ただしいろいろな商品に使われているから安全というものではありません。

 

合成界面活性剤が入ったオイルタイプを肌につけると、界面活性作用によってメイクを溶かし出します。

 

しかし、合成界面活性剤は溶かすだけではなく、タンパク質まで破壊してしまうのです。

 

肌はタンパク質で構成されていますから、毎日合成界面活性剤を使い続けると肌組織が破壊されてしまい、敏感肌や乾燥肌、さらにしみやシワができやすい肌になるリスクがあるのです。

 

また、合成界面活性剤は残留性や浸透性が高いという性質もあります。

 

ちょっと洗顔するだけでは落としきれず残ってしまうので、肌トラブルの原因にもなります。

 

肌から浸透した場合は体にとって異物になるものの、肝臓では分解できないため、細胞を変異させたり内臓器官にも負担をかけます。

 

オイルタイプは、しっかりメイクが落とせるというメリットがある反面、肌や体に悪い影響があるので、毎日使うのは避けた方が良いでしょう。