クリームタイプ

クリームタイプのメイク落としのメリットとデメリットは?

他のメイク落としと比べると、それほどポピュラーではないのがクリームタイプのメイク落としです。

 

ですが、昔から宝塚や歌舞伎などのメイク落としに使われているので、その効果には定評がありますね。

 

新しいメイク落としが開発されても、今もなおコアな支持を得ているクリームタイプのメイク落としのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

クリームタイプのメイク落としのメリットは、マッサージ感覚でクレンジングできるというところでしょう。

 

ミルクタイプよりもテクスチャーが固めで、粘性も高いので肌への密着度が高く、垂れることもありません。

 

そのため、メイクに馴染むまでは時間がかかりますし、ある程度力を入れて馴染ませる必要があります。

 

ですが、クリームがクッションの役割をしてくれるので、摩擦による刺激を与える心配はありません。

 

逆に馴染ませることがマッサージにつながるので、血行やリンパの流れを促進できます。

 

つまり、スキンケアをしながらメイク落としができるのですね。

 

また、クリームタイプには界面活性剤の配合量は少なく、その代わり油分がたくさん使われています。

 

ですのでクレンジングに時間がかかってしまっても、肌への負担を軽減できるのもメリットです。

 

界面活性剤が使われているクレンジングは、できるだけ早く済ませる必要があります。

 

そのせいで、メイクやメイク落としが肌に残ってしまうことがあるのですね。

 

クリームタイプなら界面活性剤によるダメージが少ないので、時間をかけてクレンジングできます。

 

クリームタイプのデメリットは、すぐにメイクが落とせないところです。

 

じっくりゆっくり落としたいという方にはデメリットではないかもしれませんが、ささっと落としたいという方にとっては、洗浄力が低いのはデメリットとなるでしょう。

 

特に育児や家事などで忙しく、自分の時間がない方には向いていないかもしれません。

 

また、油分が多いのでベタつきが残りやすいのもデメリットです。

 

油分を多く配合することで界面活性剤の量を減らせるのですが、その分洗ってもベタつきを感じることがあります。

 

もちろんメイクを落とした後は洗顔が必要なので、近年増えているダブル洗顔不要のメイク落としと比べると使い方が面倒です。

 

このように、人によって合う合わないがあるところが一番のデメリットかもしれません。

 

ただ、クリームタイプはマッサージクリームと同じように使えるので、普段からマッサージをしている方はクリームタイプを代用してみるのもいいでしょう。