ミルクタイプ

ミルクタイプのメイク落としのメリットとデメリットは?

普通のメイクをしている方からすると、ミルクタイプのメイク落としは使う機会がないかもしれません。

 

ですが、ミルクタイプはモデルさんでも愛用者が多いので、それだけの魅力があるのも事実です。

 

ミルクタイプのメイク落としのメリットとデメリットを知っておけば、メイクの濃さによっては肌に優しいクレンジングに役立てられるでしょう。

 

ミルクタイプのメイク落としのメリットは、とことん肌に優しいということです。

 

成分量で言えば、洗浄成分となる界面活性剤よりも水分の方が多いです。

 

そのため、洗浄力が非常に穏やかなので、肌を守る働きを持つ皮脂やうるおいを落としすぎることなく洗い上げます。

 

普通のメイク落としでは肌が突っ張ってしまったり、かゆみなどの症状が起こる方でも、ミルクタイプであればしっとりした洗い上がりになります。

 

また、伸びが良いので肌への摩擦が少ないのもメリットです。

 

洗浄力が弱めのメイク落としを使うと、どうしても強く擦ってしまうので、それが肌にダメージを与えることになります。

 

ですがミルクタイプは水分と油分のバランスがよく、テクスチャーがとても柔らかいですから擦ろうとしても指が滑るので擦れません。

 

ついつい力が入りがちなクレンジングでも、ミルクタイプを使えばダメージのリスクを大幅に軽減できるのです。

 

肌への優しさは、メイク落としの中で一番と言えるミルクタイプですが、残念ながらデメリットもあります。

 

それは肌に優しいだけに、洗浄力が非常に弱いということです。

 

いくら肌へのダメージが少ないとしても、何回もミルクタイプでクレンジングしたらそれなりに負担がかかります。

 

また、濃いアイメイクやベースメイクだと、ミルクタイプでは落としきれません。

 

ですのでしっかりメイクをしている方は、どんなに肌に良いメイク落としであってもミルクタイプは向いていません。

 

もしミルクタイプでクレンジングするのであれば、必ずポイントリムーバーで濃いメイクの部分を落としておきましょう。

 

ただフェイスパウダーだけだったり、アイメイクをしていないナチュラルメイクの方で、市販のメイク落としを使っているという方はミルクタイプがおすすめです。

 

ミルクタイプは、他のメイク落としと比べると洗浄力が弱いだけで、まったくメイクを落とせないわけではありません。

 

ナチュラルメイクの方ならミルクタイプはメリットしかないので、優しいクレンジングで肌への負担を減らしてあげましょう。

 

ミルクタイプはメイクによってはデメリットがあるものの、肌にはとても優しいのでメイクに合わせて使いこなすといいですね。