リキッドタイプ

リキッドタイプのメイク落としのメリットとデメリットは?

数年前から、少しずつ人気が高まっているのがリキッドタイプのメイク落としです。

 

ただ、まだ使ったことがない女性からすると、リキッドでメイクが落とせるのかと思ってしまいますね。

 

肌にはとても良さそうだから使ってみたい、と思っているものの洗浄力などが心配という方は、リキッドタイプのメリットとデメリットを見てから検討してみるといいでしょう。

 

リキッドタイプは、メイク落としの中でも一番水分量が多いです。

 

そのため水クレンジングとも呼ばれていて、簡単にいうとローションのようなテクスチャーになります。

 

そんなリキッドタイプのメイク落としのメリットは、手軽に使えるということです。

 

一般的なリキッドタイプは、コットンに含ませてメイクを拭き取ればクレンジングが完了します。

 

疲れている日や寒い日などは、洗面所でクレンジングをするのは面倒ですね。

 

リキッドタイプなら、お部屋で簡単にメイクを落とせるので、メイクをしたまま寝てしまうなんてこともありません。

 

それなら拭き取りタイプのメイク落としと同じでは、と思う方もいるでしょう。

 

ですが、市販の拭き取りタイプとはまったく違います。

 

普通の拭き取りタイプのメイク落としにはアルコールが使われていますし、乾燥を防ぐためにたくさんの添加物が入っています。

 

実際に使ってみればわかりますが、かなり刺激も強いです。

 

リキッドタイプは保湿成分が配合されているものも多く、ローションの役割も持っていますから、刺激を与えず優しくメイクを落とせます。

 

ただし、リキッドタイプには界面活性剤が使われているというデメリットがあります。

 

リキッドタイプには油分が入っていない代わりに、商品によってはたくさんの界面活性剤が使われています。

 

もちろん、ほとんどが水分なので界面活性剤が入っていないとメイクは落ちません。

 

その界面活性剤が角質層や肌細胞にダメージを与えてしまうので、トラブルのリスクがあるのがデメリットです。

 

また、リキッドタイプのせいではないのですが、コットンで強く擦るとしわやシミが出来てしまうかもしれません。

 

特にアイメイクなど濃いメイクをしている部分は注意が必要なので、ポイントメイク落としと併せて使った方が良いでしょう。

 

リキッドタイプのメイク落としは、メーカーによって使っている成分が異なります。

 

界面活性剤も、合成のものを使っている商品もあれば、天然由来のものを使っている商品もありますから、気になる方は成分をチェックしてみるといいですね。