乾燥肌 女性

乾燥肌の女性がスキンケアをする場合、お肌がこれ以上乾燥しないように、保湿成分や美容成分がたっぷり入っているものを選ぶでしょう。

 

ですが、メイク落としに関しては特に乾燥のことは考えない方が多いようです。

 

しかしメイクさえ落ちれば良いというだけで選んでしまうと、乾燥肌を悪化させることになるので注意しなくてはいけません。

 

乾燥肌の女性がメイク落としを選ぶ時には、2つのことに注意が必要です。

 

まず1つは、洗浄力の強すぎるオイルクレンジングなどは使わないことです。

 

オイルクレンジングは洗浄力が強いので、しっかりメイクでも落としきることができます。

 

ただし、この洗浄力はメイクや汚れだけではなく、肌のバリア機能となる皮脂膜まで落としてしまうのです。

 

乾燥肌の女性は、皮脂の分泌量が少ないせいで皮脂膜が十分に形成されていません。

 

それなのにメイク落としですべて取り除いてしまったら、肌を刺激から守ったり、水分の蒸発を防げなくなってしまいます。

 

皮脂は落としてもすぐに分泌されますが、皮脂膜は形成されるまでに数時間かかると言われています。

 

ですので、しっかりメイクをしているとしてもオイルクレンジングを使うのはやめましょう。

 

確かにしっかりメイクの場合は、オイルクレンジングをしないと不安かもしれません。

 

ですが最近は、ジェルが温まってファンデーションを緩めてから落としたり、天然由来成分の力でメイクだけを落とせるメイク落としがあります。

 

こういったメイク落としなら皮脂膜を落としきらないので、乾燥肌の方でも安心して使えます。

 

もう1つの注意点は、ダブル洗顔が必要なメイク落としは選ばないことです。

 

市販のメイク落としはほとんど、ダブル洗顔が必要です。

 

化粧品の多くは油分が使われているので、落とすにも油を使うのが一般的です。

 

そのため、メイクは落ちても洗浄成分がお肌に残ってしまうのですね。

 

これを落とすためにダブル洗顔を行う必要があるのですが、すでにメイクや汚れは落ちている状態ですから、洗顔をすると皮脂や保湿成分まで流れ出てしまいます。

 

また、バリア機能が弱っている状態なので、洗顔が刺激となってさらに乾燥が悪化します。

 

ですのでメイク落としを選ぶ時には、ダブル洗顔の必要がないかをしっかりチェックしてください。

 

最近は、保湿成分や美容成分が配合されているメイク落としもあります。

 

このようなメイク落としであれば、刺激に対して弱くなっている乾燥肌を守りながらクレンジングできるのでおすすめです。