敏感肌 女性

敏感肌の女性がメイク落としを選ぶ時の注意点は?

敏感肌の女性は、直接お肌に使うものには人一倍気を使いますね。

 

普通肌なら何の問題もなく使えるものであっても、敏感肌の場合はトラブルが起こってしまいます。

 

特にメイク落としは、バリア機能が弱った状態だと強い刺激を与えてしまうため、選ぶ時の注意点を押さえておきましょう。

 

敏感肌の状態は人によって違いますし、季節の変わり目など一時的なものか肌質なのかによっても度合いが異なります。

 

そのため、敏感肌の女性はこのメイク落としが良いと決められるものではありません。

 

ただ、どんな敏感肌であっても、注意しなくてはいけないのが摩擦です。

 

いくら刺激の少ないメイク落としでも、摩擦が起こるようなテクスチャーのものは、クレンジングをすることで刺激を与えてしまいます。

 

こういった点で考えると、オイルクレンジングが一番摩擦を与えません。

 

しかしオイルクレンジングは界面活性剤が使われているため、敏感肌には負担が大きすぎます。

 

ですので、洗浄力は少し弱いのですがミルクタイプかジェルタイプが良いでしょう。

 

ミルクタイプは水分量が多いので、テクスチャーがとても柔らかく伸びも良いのが特徴です。

 

保湿力も高いですから、洗い上がりのツッパリ感もなく、肌への刺激がもっとも少ないメイク落としと言えます。

 

ただし、しっかりメイクの場合だとメイクが残ってしまう可能性があります。

 

ここでダブル洗顔をしてしまったら、結果的に肌に負担をかけてしまうので注意しましょう。

 

ファンデーションやアイシャドウなど、いつもより濃いめのメイクをしている場合は、ジェルタイプのメイク落としがおすすめです。

 

ジェルタイプの洗浄力は中程度ですが、ミルクタイプよりもメイク馴染みが良いのですっきり落とせます。

 

また、洗い上がりもさっぱりしているので、ベタつきが苦手という方でも気持ちよく洗えるでしょう。

 

ここで注意したいのは添加物です。

 

ジェルタイプのメイク落としも、商品によっては香料や合成界面活性剤が使われているものがあります。

 

添加物が入っていると、洗浄力の強度や摩擦に関係なく肌に負担を与えてしまいます。

 

ですので、ジェルタイプを選ぶ時には添加物が入っていないか、必ず確認をしてください。

 

もし成分に不安があったり、よく分からないという場合は、うやむやにせずカスタマーセンターなどで敏感肌でも使えるか問い合わせるのがベストです。

 

敏感肌の方がメイクを落とす場合は、洗い方や洗う時間などにも気を配らなくてはいけません。

 

ですので、メイク落としは手軽に使えるように、洗浄力よりも肌への優しさや保湿力をメインに選びましょう。